発毛治療の仕組みとアプローチの方法

髪の毛は、1か月に1cm前後長く伸びる成長期が数年間続いた後に、毛母細胞の分裂が低下する退行期、完全に活動が低下する退行期へと移行し、全く伸びない状態となります。

ジョルダンニュース!情報に精通したサイトです。

ただし、毛根組織が機能していれば再び成長期へと移行するので、新しい髪の毛が作り出されることになります。この成長期、退行期、休止期、成長期の順番に繰り返し移行することは毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれており、これが正常な状態を保っている場合は抜け毛が増えたとしても心配することはありません。
人間の髪の毛は数万本以上あるので、そのうちの1%未満に該当する50本から100本程度の毛周期が同じであっても不思議ではないからです。
ちなみに、髪の毛が抜けるのは、新しい髪の毛にしたから押し上げられるような形になるので、生え変わりなどと呼ばれています。
つまり、寿命を迎えた古い毛が抜ける場合には、心配は要らないということです。
ただし、何らかの原因で毛周期が狂わされている場合は、大丈夫というわけにはいきません。



成長期が著しく短縮されているので、太く長く成長することなく抜けてしまう上に、生え変わりにも時間がかかる様になるので、髪の毛全体のボリュームが不足することになります。

薄毛を改善するための発毛治療では、毛周期を正常化することを目的としたアプローチを行うことが基本で、これにより再び髪の毛は正常な成長を遂げるようになります。

発毛促進の情報がてんこ盛りのサイトです。

ちなみに、発毛治療の具体的な方法としては男性に対しては内服療法が基本で、状況に合わせて外用薬も処方するという内容です。
一方女性に対しての発毛治療は、男性に対してよりも遅れていましたが、再生医療を応用したHARG療法などが考案されています。