専門クリニックで受けられる発毛治療の種類とは?

category01

もしも抜け毛や薄毛が深刻になってきた時には、専門の薄毛治療クリニックを受診することで発毛治療を受けることができます。

この発毛治療の方法に関しては薄毛や抜け毛を引き起こしている原因と密接に関係していることから、まずはその原因部分をつぶさに特定するところから始めなければなりません。その意味でもクリニックの医師による触診、問診、それに血液検査や頭髪を採取しての遺伝子検査は大きな意味を持つものと言えるでしょう。発毛治療においてはまず生活習慣の中に頭髪に悪影響を及ぼす要因がないかをチェックし、さらに頭皮の状態を確認して衛生状態が悪化して皮脂やフケなどが毛穴詰まりを引き起こしていないかを見ます。



これらに該当すると生活指導やヘッドスパなどを加えることでコンディションが改善される場合もあります。

人気の@niftyニュースのことならこちらのサイトが便利です。

さらに血液検査や遺伝子検査によってAGAという病気の可能性が濃厚になると飲み薬や付け薬による治療が行われます。


これらは飲み薬によって頭髪の成長を妨げる物質が作り出されるのを抑え、なおかつ塗り薬によって頭皮の毛細血管を拡張させ栄養分が過不足なく補充される状態を作り出します。

発毛選びをお手伝いします。

またさらなる専門性を加味した発毛治療になると、成長因子や栄養分をカクテル上に混ぜ合わせて生成された薬剤を頭皮に注射する方法も効果を発揮します。


2週間ほどの間隔で6回から8回程度の施術を繰り返すことで発毛効果を得ることが期待できます。
また幹細胞によって毛母細胞を再生する再生医療を用いた発毛治療などにも注目が集まっており、今後も医学の進歩とともに治療法はさらなる進化を遂げていくことでしょう。

学びたい知識

category02

薄毛治療方法は、日々進化しています。以前は、かつらや増毛、植毛などしかなかった薄毛治療ですが、現在では、最新の技術を駆使して高い効果を発揮する発毛治療が登場しています。...

subpage

学ぼう医療の事

category02

髪の毛の悩みは、年齢に関係なく起きるのです。若くして髪の毛が抜けて薄毛になってしまう事もあります。...

subpage

驚く情報

category03

髪の毛は、1か月に1cm前後長く伸びる成長期が数年間続いた後に、毛母細胞の分裂が低下する退行期、完全に活動が低下する退行期へと移行し、全く伸びない状態となります。ただし、毛根組織が機能していれば再び成長期へと移行するので、新しい髪の毛が作り出されることになります。...

subpage

医療の重要知識

category04

ハゲが気になるのなら、自分に合った発毛治療を受けましょう。薄毛は放置しても改善しません。...

subpage